トマツタカヒロ

25年以上精神医療に関わり(美術と運動プログラム講師、カウンセリングなど)、
格闘技鍛錬も継続、その日常から肉のカタマリの態度で「肉態」と称し独自の身体表現を続ける。
○ Tokyo Experimental Festival 特別賞(一柳慧、山下洋輔、中川賢一、畠中実ほか審査)
○一柳慧図形楽譜 [tokyo2011] International Ensemble Modern、一柳慧と共演。
○山下洋輔 × トマツタカヒロ肉態 duo シリーズを2012年より現在も継続中。
○西江雅之トークイベント「裸になれないサル」肉態パフォーマンス。
○ヨコハマトリエンナーレ、MPA-Berlin ほか国内外で活動、様々な表現者とコラボや即興セッションなど多数。
○平面立体作品や映像なども創作、定期的に個展開催。呼吸と情動を意識するワークショップを精神医療などで展開中。
○寺社仏閣での祝詞と奉納祭式や納骨法要など宗教儀式にて独自の肉態舞を捧げることも近年増えてきている。