断章-1-

エアプレーン レーベルは1997年に設立した。
実はその数年前にシリコンバレーに行ったのが切っ掛けだった。
インターネット内のヴアーチヤル空間を自由に散策できるVRMLの技術を見学に行ったのだった。
その時、ついでにガレージメーカーも見学に行った。
そこでは、暗い地下室の中で蠢く人々を見た。
オールドニーブのミキサーと無数のマッキントシュ。
地を這う様なケーブル群。モニター。
素直に格好いいと思った。
日本に帰国してからも暫くその光景が目に焼き付き離れなかった。
その頃、僕はSONYのレーベルのひとつで静かな音楽を作っていた。
星野道夫、水口博也氏の写真と音楽のコラボみたいなやつだった。
制作が終わり、さて次はどうしようかな、と考えた。
自由な音楽を作ってみたい。
次世代型音楽レーベルとは。
これがキーワードであり出発点となった。